お気に入りのインテリア雑貨のお店、ノアシス@神戸
レトロポップでモダンなデザインは見てるだけで楽しーだす。。

Thursday, April 21, 2005

Is there any real freedom-of-speech in Japan?

"What does Chinese people cry for in this Anti-Japan Protests?" "How many times should we, Japanese, apologize for what we did in the past?" For me, Japanese, the issue looked like a same old persistent accusation of what Japan did in China during World War II.

Some say, including western media, this Anti-Japan Protests are secretly organized by Chinese government and it mainly reflects the current unstable political and social life in China.

I feel safe if the issue is made by some kind of world (or Chinese government, etc.) conspiracy, but I believe that it is, at least partly, a grass-rooted disbelief for what we, Japanese, continute to do with or without intention.

I surely see a deep sorrow, anger within the eyes of Chinese people.

I do not know much about the issue in China mainland, but at least, the marching in Central, HK, might be targeted for a politicized Japanese textbook. I see what they want, at least for now, is the right understandings of the historical fact.

More on Japanese revised textbooks:
http://www.japantimes.co.jp/cgi-bin/getarticle.pl5?nn20050406a1.htm
http://www.japantimes.co.jp/cgi-bin/geted.pl5?ed20050409a1.htm

As Washington Post pointed out, Chinese textbook is also politicized. But why does Japan, a country with the freedom-of-speech, continues to teach a distorted history, which is valid only in Japan, provoking Chinese people's grief? As Joi Ito pointed out, Japanese education should be addressed to face the reality.

I found many Japanese bloggers talk about the issue, depending on the misunderstandings and the ignorance. Actually, our understandings look much worse than Chinese bloggers'. I could not help if you hate someone, Chinese, or Japanese by your preference, but please check the facts you depend on first. Why don't you have a question on your perception before criticizing someone? I think every countries education inevitably has their own politicized materials, but now with Internet, you can teach yourself, can't you?

Here is the link to a technorati search result with the words "china" and "demonstration" through Yahoo! J J-to-E translation service.

Why I need to consult the oversea articles every time I investigate what Japan did during World War II?

Is there any real freedom-of-speech in Japan?

cn_jp_dialog

Tuesday, March 22, 2005

Developing a match-making website with Ruby on Rails, Part 1

Developing a match-making website with Ruby on Rails, Part 1

By Saito Hiroyuki, 21/03/2005

I believe that learn by teaching is the most effective way to learn. Please let me know any mistakes if you find.

After reading excellent Rails tutorials on O'reilly and being surprised with scaffolding generator, I decided to create my first Rails application, a match-making website, which may generate a million dollar.

I use Login generator:
gem install --source http://dist.leetsoft.com login_generator

Create a new Rails application with:
rails Match

Create database 'match' on MySQL. Open database.yml and change development database name into 'match'.

Rails is a model centric web application framework, so database schema is the most important.

# Dump of table users
# ------------------------------

CREATE TABLE `users` (
`id` int(11) NOT NULL auto_increment,
`login` varchar(80) default NULL,
`password` varchar(40) default NULL,
PRIMARY KEY (`id`)
) TYPE=MyISAM;

# Dump of table profiles
# ------------------------------

CREATE TABLE `profiles` (
`id` int(11) unsigned NOT NULL auto_increment,
`title` varchar(50) NOT NULL default '',
`description` text NOT NULL,
`user_id` int(11) unsigned NOT NULL default '0',
`created_on` timestamp(14) NOT NULL,
`filename` varchar(50) default NULL,
`picture` blob,
PRIMARY KEY (`id`)
) TYPE=MyISAM;

# Dump of table kisses
# ------------------------------

CREATE TABLE `kisses` (
`id` int(11) unsigned NOT NULL auto_increment,
`subject` varchar(50) NOT NULL default '',
`comment` text NOT NULL,
`profile_id` int(11) unsigned NOT NULL default '0',
`user_id` int(11) unsigned NOT NULL default '0',
`created_on` timestamp(14) NOT NULL,
PRIMARY KEY (`id`)
) TYPE=MyISAM;

On 'kiss' table, 'profile_id' means which profile the message (kiss) is sent to (recipient of the message), 'user_id' which user sent the message (issuer of the message).

Do the followings:
rails script/generate login Account
rails script/generate scaffold Profile
rails script/generate scaffold Kiss

Let's specify the associations for models:

class User < ActiveRecord::Base
has_one :profile
has_many :kisses

class Profile < ActiveRecord::Base
belongs_to :user
has_many :kisses

class Kiss < ActiveRecord::Base
belongs_to :profile
belongs_to :user

With the associations above, you can do:
Access the login name of issuer of the message id number 2 (from the link containing :id => '2'):
@kiss = Kiss.find(@params['id'])
@kiss.user.login
Access the user id of recipient of the message:
@kiss.profile.user.id

Edit application.rb (/app/controllers/) to have login system available in all controllers:

require_dependency "login_system"
class ApplicationController < ActionController::Base
include LoginSystem
model :user
end

Insert 'before_filer' to activate login system in profiles_controller.rb:

class ProfilesController < ApplicationController
before_filter :login_required, :except => [:index]

Create a top page, index.rhtml (/app/views/profiles/), like this:
<h1>Wahoo Personals!</h1>
<%= link_to 'Register', :controller => 'account', :action => 'signup' %> |
<%= link_to 'Login', :controller => 'account', :action => 'login' %>

Run a WEBrick server:
ruby script/server

Access to your match-making application:
http://localhost:3000/profiles/

Congraturations!! Now you have a top page and can registar/login.
This is the end of Part 1.

Monday, January 03, 2005

Indian Ocean Tsunami: Need a help from English speakers

According to MOFA (Ministry of Foreign Affairs) Japan, 790 Japanese are still missing in this Indian Ocean Tsunami.

We, Japanese, should consult MOFA first, but many families still need a help to search for missing-persons. I'm sure that MOFA works hard, but this disaster is out of reach what they can do.

Most of the information about missing-persons are provided in English (or Thai, etc.) and I got to realize how weak a Japan emergency information system is.

If you happen to find any info about missing-Japanese on website (any language is ok), or if you happen to be in suffered areas and saw/heard about missing-Japanese (or supposing-Japanese), please give me a comment/trackback or email at psyto69@hotmail.com

Friday, December 31, 2004

インド洋津波:マイレージを使った募金

昨日、"オンライン募金" by ハッピー・トラベルデイズで読んだ、マイレージでの募金法が気になり、日本から参加できる航空会社を探す。どうせ無駄になっちゃうんだから、募金でもしてみようかなって。。。

ノースウェスト航空「エアケアー・チャリティー・プログラム」
http://www.nwa.com/jp/jp/corpinfo/aircares/about/index.html

ノースウエスト航空の「エアケアー・チャリティー・プログラム」は、1992年にアメリカで創設されて以来、米国内で米国赤十字社、メイク・ア・ウィッシュ・ファンデーション、救世軍などをはじめとする30団体以上の非営利・社会貢献団体をサポートしてきた。「エアケアー・チャリティー・プログラム」は、1999年4月、「航空業界において最も独創性と先進性を持った貢献活動である」と認められ、国連から表彰を受けている。

寄付できるマイレージは、最少5,000マイル。以降1,000マイル毎。

マイレージ寄付の連絡先:
ワールドアクセス(0120-747-050、24時間受付)。

日本での「エアケアー・チャリティー・プログラム」に関する問い合わせ先(募金先の電話番号ではありません):
ノースウエスト航空日本地区広報部(03)5400-7230

寄付の際には、必ず、寄付先の団体を指定すること。
NGO団体の詳細・連絡先を調べるには、スマトラ地震救援情報ブログ国際協力・NGO情報ブログ等が参考になる。
アメリカに本部がある団体に関しては、「評価機関による、主要慈善団体の効率性・透明性評価一覧」もご覧ください。

また、各団体によって、マイレージ寄付の用途(スマトラ地震救済に使うかどうか等)に違いがあると思います。マイレージ寄付の前に、各団体に問い合わせてみてください。

国境なき医師団
電話番号:(03)5988-0560

シャプラニール、マイレージ寄付について
電話番号:(03)3202-7863

セーブ・ザ・チルドレン、マイレージ寄付について
電話番号:(0120)317-502

難民を助ける会 AAR Japan、マイレージ寄付について
電話番号:(03)5423-4511

ピース ウィンズ・ジャパン、マイレージ寄付について
電話番号: (0120)252-176

ワールド・ビジョン・ジャパン、マイレージ寄付について
電話番号:(03)3367-7253

また、全日空(ANA)でも、中越地震の際に、マイレージ寄付を受け付けた前例があります。
"航空マイルを中越地震の義援金に 全日空が寄付制度" by Asahi.com
「ANAマイレージクラブ・サービスセンター」に問い合わせてみるのはどうでしょうか?
0120-029-767、03-5737-7788

最後に。。。セブンイレブンでも、スマトラ島沖地震の募金をしていますね。
セブンイレブン みどりの基金「スマトラ島沖地震災害募金」
お買い物上手なあなたは、セブンイレブンでジュースを買ったりしないと思うのですが、セブンイレブン限定のジュースとかアイスがあるんです。ちょっと試してみて下さい。で、あまったおつりを募金してみましょう。恋が芽生えるかも。。。(まじ、まじ)

Thursday, December 30, 2004

インド洋津波:評価機関による、主要慈善団体の効率性・透明性評価一覧

昨日、募金に参加したが、情報が錯綜しており、かなり悩んでしまった。
今回のインド洋津波のように、緊急の救援活動が求められる場合、慈善・募金活動の効率性が特に重要と考える。
自分が募金に参加する上で、目安となった記事を翻訳、ここに掲載する。

なお、日本でオンライン募金をするには次のサイトを参照のこと。
"オンライン募金" by ハッピー・トラベルデイズ

さまざまな支援活動・連絡先を調べるには、スマトラ地震救援情報ブログを参照のこと。

Tsunami Relief: Charity Efficiency and Transparency Ratings
(津波被害救済:慈善活動の効率性・透明性レイティング)
http://www.benjaminrosenbaum.com/blog/archives/2004_12.html#000151

(Charity Navigatorのウェブサイトに、アクセス過多による問題が発生している。星印によるレイティングの後に、Googleキャッシュへのリンクを追加した。訳注:日本支部と思われるリンクを追加)

評価団体・機関の説明
Charity Navigator(チャリティーナビゲータ):慈善事業監視団体
AIP(The American Institute of Philanthropy):NPOの第三者評価機関
BBB(BBB Wise Giving Alliance):米国の非営利組織評価機関。透明性規準について

組織名:Association for India's Development
Charity Navigatorによるレイティング:****(4つ星) キャッシュへのリンク
AIPによるレイティング:評価なし
BBBによる透明性規準:評価なし
備考:インドでは大きい団体とみられ、津波関係のブログでよく言及されている。
ニュースへのリンク

組織名:Medecins Sans Frontieres(国境なき医師団、国境なき医師団日本
Charity Navigatorによるレイティング:***(3つ星) キャッシュへのリンク
AIPによるレイティング:A
BBBによる透明性規準:満たしている
備考:資金集めに多額を費やすが、大胆さには定評がある。他団体が行かないところに行く(ミャンマーなど?)。
ニュースへのリンク

組織名:Oxfam(オックスファム、オックスファム・ジャパン
Charity Navigatorによるレイティング:***(3つ星) キャッシュへのリンク
AIPによるレイティング:A-
BBBによる透明性規準:満たしていない
備考:資金集めに多額を費やす。BBBは巧妙なクレジットカード販売促進活動に反対している。
ニュースへのリンク

組織名:UNICEF(ユニセフ、日本ユニセフ協会
Charity Navigatorによるレイティング:評価なし
AIPによるレイティング:評価なし
BBBによる透明性規準:評価なし
備考:どなたか、ユニセフの効率性に関するデータを持ってますか?
ニュースへのリンク

組織名:American Red Cross (via Amazon)(アメリカ赤十字 Amazon経由、日本赤十字
Charity Navigatorによるレイティング:****(4つ星) キャッシュへのリンク
AIPによるレイティング:A+
BBBによる透明性規準:満たしている
備考:巨大だか、明らかに効率的。9/11テロ基金とその関連の用途に対し非難を受けた。BBBレポートには、多くの詳細あり。
ニュースへのリンク

組織名:World Vision(ワールド・ビジョン、ワールド・ビジョン・ジャパン
Charity Navigatorによるレイティング:****(4つ星) キャッシュへのリンク
AIPによるレイティング:B+
BBBによる透明性規準:満たしている
備考:要請により追加。子供と家族をスポンサーするクリスチャンの基金。米国のサイトには不具合が起きている?
ニュースへのリンク

組織名:Mercy Corps(マーシー・コー)
Charity Navigatorによるレイティング:****(4つ星) キャッシュへのリンク
AIPによるレイティング:B+
BBBによる透明性規準:満たしている
備考:要請により追加。
ニュースへのリンク

組織名:American Friends Service Committee(米国フレンド教徒奉仕委員会)
Charity Navigatorによるレイティング:評価なし
AIPによるレイティング:A-
BBBによる透明性規準:満たしている
備考:クエーカー教徒の基金。要請により追加。
ニュースへのリンク

組織名:Asha for Education
Charity Navigatorによるレイティング:****(4つ星) キャッシュへのリンク
AIPによるレイティング:評価なし
BBBによる透明性規準:評価なし
備考:非常に効率的(対プログラム効率98%)。教育と長期の社会経済的変化に焦点を合わせるが、通常、災害にも対応する。要請により追加。
ニュースへのリンク
Blogへのリンク

組織名:American Jewish World Service(米国ジューイッシュワールドサービス)
Charity Navigatorによるレイティング:****(4つ星) キャッシュへのリンク
AIPによるレイティング:A
BBBによる透明性規準:評価なし
備考:要請により追加。ユダヤ人の国際的な開発基金。
ニュースへのリンク

組織名:Salvation Army(救世軍、日本語ウェブサイト
Charity Navigatorによるレイティング:評価なし
AIPによるレイティング:評価なし
BBBによる透明性規準:満たしている
備考:要請により追加。クリスチャンの救援組織。巨大(1万3500人の従業員)で、すばらしい効率性(対プロジェクト・ボランティア活動の基金効率86%)と控え目な改宗活動で評判。同性愛者に対する差別で責められた。
ニュースへのリンク

組織名:Unitarian Universalist Service Committee(ユニテリアン・ユニヴァーサリスト)
Charity Navigatorによるレイティング:**(2つ星) キャッシュへのリンク
AIPによるレイティング:評価なし
BBBによる透明性規準:満たしている
備考:要請により追加。ユニテリアン・ユニヴァーサリストの組織。
ニュースへのリンク

インド洋津波、親類・友人の安否をウェブで探す方法

インターネットを使って、行方不明となっている親類、友人を捜す方法がいくつかあります。

赤十字のFamilyLinksウェブサイトを利用する方法。
重要:このサイトにはアクセスが殺到しているようです。無用な利用はやめましょう。また、どうしても使い方がわからない場合、代わりに検索作業、登録作業をおこなうよう努力します。

まず、下記にアクセスして下さい。
http://www.icrc.org/home.nsf/home/webfamilylinks#a9

「Bay of Bengal earthquake and tsunamis(ベンガル沖地震・津波)」という欄から、
捜したい地域を「Sri Lanka(スリランカ), Indonesia(インドネシア), Thailand(タイ), India(インド), All other countries(その他)」から選び、クリックします。

移動したら「Locate your relatives(親類の居場所をつきとめる)」をクリックします。

「Locate your relatives」ページでは、3つのことがおこなえます。

  1. The List:ここで親類の検索をおこないます。英語で完全にマッチした場合でないと、結果が戻ってきません。慎重に入力してください。

  2. Register yourself:捜しています、という登録をします。あなたが捜している人がこの情報を知った場合、赤十字の代理人を通じて、あなたに連絡がいきます。

  3. Register your relative:リストに親類の名前がない場合、ここで登録作業を行います。

BBCニュースでは、行方不明者を捜すメッセージボードを設けています。
Asia quake-Missing persons-Thailand(タイでの行方不明者)
Asia quake-Missing persons-Sri Lanka(スリランカでの行方不明者)
Asia quake-Missing persons-India(インドでの行方不明者)
Asia quake-Missing persons-Indonesia(インドネシアでの行方不明者)
Asia quake-Missing persons-Maldives(モルディブでの行方不明者)

CNNでは、被害にあった国別に行方不明者のリストをデータベース化しており、データの閲覧、尋ね人のデータを登録をすることができます。
CNN: Tsunami tragedy: Your appeals

phuketitcity.comでは、プーケット(タイ)の被災状況に関する最新ニュースを提供しています。
身元が確認できない遺体の写真をみることもできますが、関係者以外はおすすめしません。

プーケットの病院は、被害者の名前をウェブサイトに登録しています。
http://www.phukethospital.com/
現在、Bangkok Phuket Hospital、Phuket-inter-hospital、Vachira Hospital、Patong Hospital、Thalang Hospital、Phang-nga Hospital、が登録されています。

プーケットに関する、有益なフォーラムも開設されています。
Phuket Disaster Forum
「Latest News(最新情報)」「Offer to help(助けを求む)」「I'm OK(私は大丈夫です)」「I'm looking for(国ごとに、人を捜す)」等の項目があります。

プーケットガジェット新聞で、行方不明者の投稿をすることもできます(日本人の方も、何名か見受けられます)。
Phuket Gazette、行方不明者メッセージ

スリランカ旅行協会は、スリランカ国内でみつかった外国人の名前をウェブサイトで公開しています。
http://www.contactsrilanka.org/
左側メニューから「Traveller's Online Inquiry(スリランカで行方不明になっている人について問い合わせをおこなう)」、「LIST OF FOUND FOREIGN NATIONALITIES(発見された外国人)」のいづれかを選択して下さい。現在、日本人は4名登録されています。

Kaprukaのコロンボ(スリランカ)オフィスでは、ボランティアで行方不明者の捜索を行っています。
"Contact your relatives and friends in Sri Lanka(スリランカで行方不明になっている親類・友人を捜す)" by Kapruka

Wednesday, December 29, 2004

Japan sends navy, forty-million dollars in tsunami aid

Japan pledged to give 40 million dollar to tsunami-hit nations. As a nation, Japan does not have so strong economic power as before. Japan individuals will inevitably face tax-burden in near future. We, Japanese, should recognize what a great contribution we try to do.

"Japan sends navy, forty-million dollars in tsunami aid" by ABC Asia Pacific TV / Radio Australia

Japan has sent three navy vessels to Thailand and pledged 40 million dollars to provide emergency food, medicine and shelter to tsunami victims.

The relief mission to southern Thailand marks the first time officially-pacifist Japan has used its own ships to help in an overseas disaster.

The two destroyers and one supply ship that were sent had just ended a mission in the Indian Ocean to provide logistical support to the US campaign in Afghanistan.

Japan has pledged 30 million dollars in direct aid to tsunami-hit countries... and nearly ten-million dollars to Japanese aid organisations working affected regions.

A 20-member Japanese medical team is in Sri Lanka and disaster surveillance experts sent to Indonesia.

"Japan offers $30 mn aid for tsunami victims" by HindustanTimes, India

"Japan to give US$30m aid to tsunami-hit nations" by The Star Online, Malaysia

"Japan sends navy, 40 million dollars to help tsunami victims" by SpaceDaily, Australia

Tuesday, December 28, 2004

インド洋地震:各国の人道支援一覧

更新記録:
2004年12月29日12時00分 米国の救援規模拡大を追加
2004年12月29日10時00分 EU、アメリカの支援状況に追加事項
2004年12月29日00時00分 日本の支援状況を更新

2004年12月30日現在、目立った支援を発表した国々:
アメリカ:3,500万USドル(約36億円)
イギリス:2,900万USドル(約30億円)
スペイン:6,800万USドル(約70億円)
カナダ:4,000万USドルに加え、各州で独立した支援金を拠出(約41億円+)
日本:3,000万USドル(約31億円)

日本国の対応:
"スマトラ沖地震の被害、必要あれば予算措置による支援も=官房長官" by Excite エキサイトニュース

細田官房長官は、閣議後の記者会見で、スマトラ沖地震の津波で深刻な被害が出ていることに関連し、復興支援に向け、「必要なら精査のうえ、予算面で手当てが必要なら措置する」との考えを述べた。

そのうえで、「予算措置の中で、いろいろできるか今後検討したい」という。ただ、「一般的な支援枠があるので、そういったものを大いに使っていきたい」とも述べた。

"外相、3000万ドルの緊急支援発表" by Sankei Web
町村信孝外相は28日午後、外務省で記者会見し、スマトラ沖地震の被災国に対し、日本政府として当面3000万ドル(約31億円)の緊急支援を実施すると正式に発表した。

外相は「これを上限とするわけではない。被災国からより具体的な要請が追加的に出てくれば、弾力的、積極的に対応したい。さらに財政当局と話をすることもあろうかと思う」と述べ、追加支援にも前向きな姿勢を示した。

3000万ドルのうち、具体的な支援が決まっているのは約400万ドル相当で、インドネシアなどへの緊急援助物資供与のほか、インドネシアに150万ドル、スリランカに101万ドル、モルディブに51万ドルの緊急無償資金協力、世界食糧計画(WFP)を通じたスリランカへのコメ2400トンの提供など。(共同)

原文:"Humanitarian response to the 2004 Indian Ocean earthquake" from Wikipedia, the free encyclopedia
世界銀行では、50億USドル(約5兆2千万円)の援助が必要と試算している。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/4127433.stm
国、または組織別にアルファベット順で:

オーストラリア:
オーストラリア政府は、1千万オーストラリアドル(約770万USドル、約7億8千万円)の第一弾援助を決定、国際援助団体に分配される。外務大臣Alexander Downerは、詳細が明らかになり次第、額の見直しを検討すると述べた。必須物資は、オーストラリア空軍によって急送された。

カナダ:
カナダ政府は、400万カナダドル(330万USドル、約3億4千万円)を救援活動への支援としてまず約束、カナダ国際開発機関を通じて、毛布、浄水装置を提供する。

チリ:
チリ政府は、6名の若手内科医をスリランカに派遣し、公共募金のための特別銀行口座を開設した。

中国:
中国政府は、2163万元(260万USドル、約2億7千万円)を東南アジアに送る。

チェコ共和国:
チェコ政府は、328,000ユーロ(50万USドル、約5100万円)相当を、さまざまな形で送る。

デンマーク:
デンマーク政府は、135万ユーロ相当の援助をおこなう。

欧州連合:
EUは、犠牲者が「もっとも必要なもの」が満たせるよう、300万ユーロ(410万USドル、4億2
千万円)の即時緊急援助を提供する。今後、さらに本格的な援助をおこなう。
(最大40億円の支援を決定との海外ニュースあり)

フィンランド:
フィンランドは、津波の犠牲者を助けるために、575,000ユーロ(80万USドル、約8200万円)を送り、野戦病院を開設する。

フランス:
フランスは、100人の救助人員と医療物資800kg(1,750ポンド)を載せた飛行機を送った。

ドイツ:
ドイツ政府は、即時援助として100万ユーロ(140万USドル、約1億4千万円)を割当。ラジオの情報によれば、政府の技術的救済組織(THW)の一団が飲料水浄化設備と共に、タイとスリランカへ救助のために向かう。

ギリシア:
ギリシアは、モルディブとスリランカに300,000ユーロ(40万USドル、約4100万円)を分配し、それらの国に、2機の飛行機で6トン以上の人道支援物資を送る。

国際赤十字社・赤新月社連盟協会(IFRCS):
ジュネーブでは、IFRCSが、約50万人の生存者への「即時支援」のために、750万スイスフラン(約660万USドル、約6億8千万円)を訴えた。

アイルランド:
アイルランド政府は、南アジアで起こった地震による災害に対し、100万ユーロ(USD 140万、約1億4千万円)を約束する。(http://foreignaffairs.gov.ie/Press_Releases/20041226/1666.htm

イスラエル:
イスラエルは、被害を受けた国々へ約10万USドル(約1千万円)相当のベビーフードと薬を送った。さらに、イスラエル医学チームをスリランカに急送した。食物、薬と同様、捜索と救助のチームの形で、インドの支援を拡張した。(http://www.haaretz.com/hasen/spages/519314.html

クウェート:
クウェート政府は、人道支援として50万クウェートドル(170万USドル、約1億8千万円)を寄贈した。

ルクセンブルク:
ルクセンブルクは、人道支援として、少なくとも20万ユーロ(30万USドル、約3千万円)を寄贈すると発表。

国境なき医師団(Médecins Sans Frontières):
MSAは、スマトラに32トン救援物資を急送し、多くの被災地に、健診チームが派遣された。

オランダ:
オランダ政府は、被災地の援助に200万ユーロ(270万USドル、約2億8千万円)を準備。オランダ赤十字は、緊急援助用に10万ユーロ(10万USドル、約1千万円)を投じた。

ニュージーランド:
ニュージーランド政府は、赤十字に50万ニュージランドドル(40万USドル、約4千万円)の寄贈を発表。また、空軍のC-130ヘラクレスが、救助と救援物資の輸送のために送られた。

ノルウェー:
ノルウェー政府は、国連、赤十字、その他援助団体に分配するために、5000万ノルウェークローネ(820万USドル、約8億4千万円)を割り当てた。

パキスタン:
パキスタン政府は、スリランカの地震犠牲者救済のために1000万パキスタンルピー(20万USドル、約2千万円)相当のパッケージを発表。テント、薬、飲料水、食料などで構成される。追加援助が約束された。

シンガポール:
シンガポール政府は、シンガポール赤十字(http://www.redcross.org.sg/)に対し、50万シンガポールドル(30万USドル、約3千万円)を約束、公共の寄付金を集める支援もおこなう。シンガポール軍の医学チームは、インドネシアを助けるべく機内で待機中。シンガポールは、プーケットに緊急領事チームを設置し、200万シンガポールドル(120万USドル、約1億2千万円)を、被災国への援助として送る。

スペイン:
スペイン政府は、犠牲者の救助の第一弾として、100万ユーロ(140万USドル、約1億4千万円)を人道支援として割当。

スウェーデン:
700万スウェーデンクローナ(110万USドル、約8200万円)が、スウェーデン国際開発機関から拠出され、うち500万スウェーデンクローナはICRC(赤十字国際委員会)に分配。スウェーデン救世軍は100万スウェーデンクローナ(80万USドル)を寄贈した。政府はさらに、スリランカにテントと毛布を供給する。主として国連から要請されれば、さらなる援助をおこなう。

スイス:
スイス政府は、100万スイスフラン(140万USドル、約1億4千万円)を割り当てた。スイスは、国家的募金活動団体 Glückskette(http://glueckskette.ch/)を立ち上げた。

台湾:
台湾政府は、25万USドル(約2600万円)を、インドネシア、インド、タイ、スリランカへの寄贈した。人道支援活動に備え、被害状況を調査するために、専門家チームもインドネシアに急送された。

トルコ:
1999年8月、11月に起こった、20,000人以上を死傷させた一連の地震以来、トルコは積立を始めており、少なくとも17万ユーロ(20万USドル、約2千万円)が集まっていると期待される。その資金が、復旧計画で使用されるだろう。

英国:
英国政府は、援助として既に45万イギリスポンド(60万USドル、約6200万円)を割り当てた。40万イギリスポンドはEUを通して赤十字に与えられ、5万イギリスポンドが海面上昇後の弊害を低減するためにWHOに寄贈された。さらに、本格的な設備を載せた飛行機が、いくつかの被災地に急送された。

アメリカ:
アメリカ政府は、インド、インドネシア、モルディブ、スリランカに40万USドル(約4100万円)を分配した。政府高官は、赤十字を助けるために400万USドル(4億1千万円)の包括的な援助策を現在処理中。被災国家の援助のために、災害チームを急送した。アメリカは、被災国家のために1500万USドル(約15億4千万円)の包括的援助策も準備中。

"スマトラ島沖地震で米国が救援規模拡大、3500万ドルの支援表明" by Excite エキサイトニュース
[ワシントン 28日 ロイター] 米国は、インドネシアのスマトラ島沖地震とそれに伴う津波の被害に対する支援について、当初の救済額を倍以上に拡大し、3500万ドル(約36億円)の支援を表明した。また、米国を含む国際社会は、今後、追加支援の提供が必要になるとの見方を示した。

参照:
インド洋地震、国別被災状況

Monday, December 27, 2004

インド洋地震、国別被災状況

インド洋地震に関し、知人より、国別の状況がわからず困っているとの連絡を受ける。「2004 Indian Ocean earthquake」の概要を翻訳、ここに掲載する(他ソースによる加筆を含む)。
2004 Indian Ocean earthquake

ご家族、ご親類の方へ:
外務省領事局海外邦人安全課、および、在外公館への連絡先(電話番号)は、以下のページをご参照ください。
"インドネシアにおける大規模地震の発生" by 外務省広域情報

更新記録:
2004年12月30日10時00分 各国被災状況の一覧表を更新
2004年12月29日22時00分 各国被災状況の一覧表を更新
2004年12月29日10時00分 各国被災状況の一覧表を追加
2004年12月28日13時30分 インド、インドネシア、スリランカ、タイの被害状況を更新
2004年12月27日21時00分 各国の被災状況を更新
2004年12月27日19時00分 タイ(プーケット)の情報を追加
2004年12月27日18時00分 モルディブ、スリランカの情報を追加
2004年12月27日15時00分 スリランカの情報を追加

"死者約7万7千人に スマトラ沖地震" by Excite エキサイトニュース
"犠牲者8万人以上と国連 援助額は2億2千万ドルに" by Excite エキサイトニュース

国土交通省がまとめた、JTBなど主要旅行会社のツアー客の27日午後3時現在の安否確認状況は以下の通り。安否が確認されていないのは25人。
"ツアー客1280人の所在を確認、午後3時現在=国交省" by Excite エキサイトニュース

渡航先.....取り扱い数.....確認済.....未確認
プーケット.....671.....662.....9
モルジブ.....230.....230.....0
スリランカ.....90.....76.....14
ペナン.....170.....170.....0
ランカウイ.....112.....112.....0
ピピその他.....32.....30.....2
----------------------------------------
総合計.....1305.....1280.....25

「ちゅっちゃんさん家の掲示板」より引用:
タイ関係の旅行会社からの情報によれば、現時点での主要旅行会社17社の安否未確認人数は23名まで減少。内訳は、モルディブがゼロ、スリランカが14名、プーケットが9名。

インド
3,200人以上が死亡。約5,000人が死亡。
内訳:
タミル・ナド州(Tamil Nadu):1,724人
アンダマン諸島、およびニコバル諸島(Andaman and Nicobar Islands):1,000人以上
ポンディシェリ連邦直轄地区(Pondichery):280人
ケララ州(Kerala):121人
アンドラ・プラデシュ州(Andhra Pradesh):61人
数千の行方不明者のおそれ(アンドラ・プラデシュ州だけで800人)。死者の多くは、海岸沿いに住む漁業民で、その多くは、在宅中、および漁猟中に行方不明になった。

インドの東海岸全体が被害を受け、6,500人以上が死亡、数千人の負傷者・ホームレスがでている。最も被害を受けたタミルナドの死者は3,200人以上。東海岸に位置する、ポンディシェリで377人、アンドラプラデシュで89人が死亡。インドの西海岸に位置するケララでも158人が死亡、数千人がホームレスになっている。数百人が行方不明のおそれ(アンドラプラデシュだけで1,200人)。死者の多くはは海岸沿いに住むに漁民。在宅中および漁に出ていた漁師の多くが行方不明。

インドネシア
スマトラ島で4,496人が死亡
初めの地震で多くの建物が壊れる。被害が特にひどいのはスマトラ島北端のバンダ・アチェ(Banda Aceh) で、インドネシア人住民の約4分の3が死亡。

当初、スマトラ島での死者は5,000人以上と確認されたが、その後の調査で、死者数は25,000人に近い数値に。多数の建物が初めの地震で崩壊し、特にスマトラ島北端のバンダアチェでは3,000人が死亡したと報告された。しかし、ほとんどの死はアチェと北スマトラ地域の沿岸地域を襲った津波によるもの。高さ10メーターの津波は島の先端を超え、マラッカ海峡を南下し、ビルンの近くの北東海岸一帯を襲った。

マレーシア
津波により、ビーチから人々がさらわれ、53人が死亡。内、ペナン(Penang)38人、ケダ(Kedah)12人、ペラク(Perak)2人、センゴール(Selangor)1人。34人が行方不明。ペナンでの死者はビーチで遊んでいた子供達を含む。外国人旅行者の死者は報告されていない。

ペナン、ランカウイは、すでに平常通りの模様。以下のサイトを参照のこと:
ペナン島へようこそ!
ランカウイ倶楽部/掲示板

モルディブ
32人が死亡、51人が行方不明。46人が死亡、73人が行方不明。連絡網が回復次第、さらなる被害者数の増加が予想される。首都マーレ島(Malé)の3分の2が、深夜未明に浸水した。外側に広がるローレベルの環礁がひどくやられ、標高の低いいくつかの島は、完全に高波に飲まれ沈んだ。

モルディブからニコバル諸島(インド)にかけての多くのエリアが、連絡網の分断により、連絡がつかない。それら地域に住む何千もの人々が、取り残され、死んでいる可能性がある。インド内務大臣Shivraj Patilは、ニコバル諸島に住む45,000人と連絡がつかないとコメントした。("Untold Numbers Are Missing in 6 Countries" by The New York Times

マーレ環礁東側に被害は集中しており、環礁内のリゾートには被害はない模様。
クダフラ、クダフラ、オルベリ、エンブドゥ、ココア、カニフィノールなど、スマトラ方面に向いている北マーレ、南マーレなどの東側に位置するリゾート島では被害が出ているのではないか?
上記、スピッツダイブセンターのホームページから抜粋。
http://www.cosmos.ne.jp/~spitz/hpindex.htm
(沖縄のダイビングショップ。オーナーの世古さんは、モルディブで6年以上、ダイビングのインストラクターをされていた。)

スリランカ
少なくとも、4,500人約11,000人が死亡、その多くは子供と高齢者。約100万人が避難した。トリンコマリー(Trincomalee)では、津波が2キロメートル以上も内陸に及んだ。
スリランカ政府の報告によると、13,000人が死亡、その多くは子供と高齢者。100万人以上が自宅から別の場所へ避難。住居以外に、多くのホテルも損傷した報告されている。トリンコマリー(Trincomalee)では、津波が2キロメートル以上も内陸に及んだ。

スリランカでの日本旅行者の行方不明者は14人。

スリランカで、4,859人の死者が確認され、1,538人が行方不明。("Tsunami warning system could have helped India" by Sify News (India)

スリランカ政府当局によれば、救助隊員がヤラ(Yala)国立公園で、日本人旅行者と見られる22人の死体を発見した。日本の政府関係者は情報をほとんど持っていなかった。
Sri Lankan authorities said rescue workers had found the bodies of 22 people believed to be Japanese on safari at Yala national park. Japanese officials had little information.
"Families seek news on tourists" by Reuters

東京の旅行会社「大陸旅遊」によると、スリランカ南部のヤラ国立公園などを訪れていた添乗員とツアー客計20人のうち、12人の安否が確認できていない。("邦人の所在未確認は25人/スマトラ沖地震" by 四国新聞社

タイ
1,000人以上の死亡が予想され、392人の死亡、392人のけが人が確認されている。839人の死亡、1,100人の負傷者が確認されている。100人の旅行者(その多くはスキューバダイバー)が行方不明と報道。リゾート地で有名なプーケット(Phuket)の被害がひどい。外国人旅行者44人の死体がプーケットに打ち上げられたとの報告。ピピ諸島(Phi Phi islands)の何百ものバンガローが海に流された。トラックとタンクローリーの運転手は、すばやく救助活動に参加し、被害者を安全な場所へと運んだ。
タイのメディアによると、確認された866人の死亡、負傷者7,306人に加え、2,000人以上が死亡のおそれ。100人の観光客(主にスキューバダイバー)が行方不明であるとの報告。有名な観光リゾート、プーケットがひどく被害を受けた。外国人観光客44人の死体がプーケットで回収されたとの報告。ピピ島の数百ものバンガローが海へ流された。現地の運転手は、すばやく救助活動に参加し、被害者を安全な場所へと運んだ。現地の報告は、多くのスキューバダイバーが死体で発見され、その遺体は津波によってめちゃくちゃにされている、と述べている。死者には、ラーマ国王9世の孫Bhumi Jensenも含まれ、その遺体は月曜の午後にPhang Ngaで見つかった。

プーケットでの日本旅行者の行方不明者は9人。
ピピ島での日本旅行者の行方不明者は2人。

ロイター通信によると、タイでの死者は431人、うち8割が外国人。

「ちゅっちゃんさん家の掲示板」より引用:

ダイバー100名が行方不明をロイターがいい加減な報道を流しているみたいで、心配のメールをたくさんいただいています。そのような情報は、一切はいっていませんし、日系SHOP,日本人会に確認しましたが、現在報告はないです。シミランでの事故報告も、いまの時点ではありません。安否が確認とれないのは、港の桟橋が破損して帰港できない(または大幅に遅れている)、カオラックホテル(ほぼ全滅)、パトンビーチのホテルが閉鎖のところもでているので送迎できない。もちろんホテルも満杯(GHも含めて)。あと昼頃の情報として、サラシン橋の安全が確保しきれずプーケットへの輸送ができないので、タクアパ県の公共施設にて一時集合しているとの電話連絡がありました。被害状況は、まだまだつかみきれていないですが、情報に誤りが多々あるのは確かです。現在のプーケットでの最新の死亡者数は70名弱と報告されています。100名ダイバー死亡なんて・・・(苦笑)安定していますので、報道のほどではないというのが率直な意見です。

オーストラリア
北西の海岸沿いに揺れを感じた。死傷者は報告されていない。津波があった時、約4,000人のオーストラリア人旅行者がタイとスリランカの観光地にいたとみられる。オーストラリア時間の月曜日午後現在、死者は確認されていないが、いまだ多くの行方不明者がいる。

バングラデシュ
観光ボートが波に飲まれた際、2人の子供が死んだ。

ココス諸島(キーリング諸島、オーストラリア)
死傷者は報告されていない。

ミャンマー(旧ビルマ)
10人が死亡し、橋が壊れた。揺れに襲われた東南の海岸では、家屋の損傷、未確認の死傷者(この地を支配している軍事政権は、めったに災害に関する詳細を公表しない)。

その後の報告で、死亡者は30人に。

ニュージーランド
ニュージーランドの外務省は、プーケット(タイ)でのニュージランド女性1名の死亡を確認した。その他の犠牲者がないとは言えないが、今のところ、それ以外のニュージーランド人の犠牲者、行方不明者は確認していない。

オマーン
波が海岸に打ち寄せたが、犠牲者はいない。

リユニオン(フランス)
多くのボートが沈んだ。

セーシェル諸島
2名の死者、9名の行方不明者が報告されている。

シンガポール
島の南部、高層アパートに住む人たちが、強い揺れを感じた。

ソマリア
9人が溺れ、漁船が波に飲まれた。警戒は東アフリカの海岸地域に発せられたが、死傷者を報告した、アフリカ大陸唯一の国。

英国連邦
地震の振動が、エディンバラにある装置で観測され、その揺れは、装置が設置されて以来、最大のものであった。

参照:
インド洋地震:各国の人道支援リスト

古いニュースへのリンク:
<スマトラ地震>日本人570人以上の所在確認されず by Excite エキサイトニュース
米地質研究所、スマトラ島沖地震の規模をマグニチュード9.0に引き上げ by Excite エキサイトニュース
"津波による死者が6万8000人突破、生存者も困難に直面" by Excite エキサイトニュース
"スマトラ島沖地震と津波の死者、インドネシアでは最大4万人に" by Excite エキサイトニュース

Sunday, December 26, 2004

ホモセクシャルと創造性の因果関係

平井堅のゲイ報道に対して好意的な意見が多く、「もしかしてゲイでもぜんぜん問題なし?」って感じるのに、実際にはそうじゃなさそう。会社でカミングアウトしてもOKだと思う?なぜ、簡単に受け入れられる問題じゃないのか?

また、創造性とホモセクシャルには因果関係はないのか?僕の結論は「直接の関係はない」。ただし、彼等には、創作活動に不可欠である「孤独に耐える」素養がある。ゲイの男性は女性の気持ちがわかるとか、そんな問題じゃない。

他のトラックバックやコメント、僕の周囲の意見から判断して、女性は、男性間のホモセクシャルに対し、寛容であるのを感じる。「ゲイであることと歌の素晴しさは関係ない」「ゲイでなにが悪い?」等々。。。女性マンガにおける美少年の恋は定番。女性に人気のゲイ映画も多い。香港のように、ゲイばっかりの国になっちゃうと「いい男はみんなゲイ」ってため息が多くなるけど。。。まあ、嫌悪感とは違う。

一方、僕を含めて、男にとってはそれほど気持ちいい話じゃない。たとえば僕の場合、ウォン・カーワイの映画「ブエノスアイレス」冒頭の、男同士で抱き合うシーンは正視できない。正直、気持ち悪い。ゲイの友人がいて、ゲイのクラブが好きな僕でもこのザマ。女性も、同性であるレズビアンには、それ程、冷静じゃないんじゃない?男はレズビアンには寛容ですよ。もったいないなーって思うくらいで。

相手がホモセクシャルである場合、自分が彼(彼女)の恋愛の対象になる可能性がある。これは結構恐怖。彼(彼女)がものすごく魅力的だったらどうする?ちょっと考えてみれば、なぜ自分は異性が好きなのか?その理由は確かでないことに気づく。性欲上、突っ込みたいとか、されたいとか、それが異性愛の証拠になりますか?気持ち良ければオッケーじゃないの?

「異性愛は本能であり、ホモセクシャルは異常だ!」って話がある。ちょっと待ってください。ホモセクシャルって人間に限らない現象。種として「進化に適した」モノが残ればいいのであり、個体全てが種を残す必要はない。また「進化に適したモノ」って、その時点で一番優れたモノってわけじゃなく、中庸なモノ。ただ単に、変化に一番強いだけ。

見た目が、異性を惹き付ける重要な要素であるのは間違いない。なのに、見目麗しい男性がホモセクシャル。プログラミングやアニメ等で優れた力を発揮しているオタクたちも、生殖面から見れば弱者。つまり、能力や魅力と生殖力の間には、思うほどの因果関係はない(もちろん、政治家のように、種を残すことによって勢力を広げるタイプには、生殖力は重要)。

創作・藝術活動の基本は技術であり、集中すれば、多くの人が身に付けられる。でも、この集中するってのがなかなかできない。孤独に堪えられる人じゃないと無理。種の代わりに、作品を残す。子孫だけが将来に残すものじゃないよね。