お気に入りのインテリア雑貨のお店、ノアシス@神戸
レトロポップでモダンなデザインは見てるだけで楽しーだす。。

Sunday, December 12, 2004

Googleが中国のインターネット検閲を助ける

censorship - Google's fake arguments - by China Herald
http://www.chinaherald.net/2004/09/censorship-googles-fake-arguments.html

以下、勝手日本語訳

検閲 - Googleのいんちき発言 by China Herald

Googleが中国のインターネット検閲を助けていることについて、Simon Worldはここに、Andreaはここにリンクを提供している。

新しい中国での検索エンジンが動作する方法について、GoogleがNew Scientistで弁解した後、この中国のインターネット検閲を助ける大企業に対する議論は再び大きく燃え上がった。中国の検閲を助けるこの会社は、もっぱら、その仕事を静かに行う。

「ユーザに最良のニュース探索を提供するため、我々は、様々な理由により、いくつかのサイトを含まないことがある」。New Scientistで公表された声明では、Googleはこう述べている。「アクセスできないので、それらのサイトは含まれなかった」。

はじめは論理的に思える。どのみちユーザがアクセスできないものを、我々の中国検索エンジンはどうして検索結果を表示しなくちゃならない?残念ながら、その発言は中国(ここでは状況はわずかにもっと複雑)においては足りない。ほとんどのインターネットユーザは、公式インターネットブロックを逃れる方法を知っている(ほとんど日課の一部)。したがって、Google検索エンジンが情報をブロックすると、それは真の検閲行為となる。すべての検索結果を表示すると共に、ブロックされたサイトに「proxyが必要」ってバナーを追加する方がもっと良い。